HATO BLOG

ゲームと音楽とブログについて書いているブログです。

運動音痴がガチ部活で生き残る方法

スポンサーリンク

?

f:id:machatoo:20160222103710j:plain

どうもHATO(@machatoo_blog)です。

僕は高校2年生が終わるころに部活をやめました。僕の高校は『部活校』と呼ばれていて、部活に力を入れている学校でした。 そんな高校で部活をやめることはとても勇気がいります。

部活の仲間、先輩には迷惑をかけ、学校の先生にも迷惑をかけました。

最初に僕の状況を説明します

僕は高校に入学した当初は自分の学校が部活校であることは知りませんでした。

学校見学にもいかないで選んだ高校だったので(笑)

 

僕はゆるーい部活に入ろうと思っていました。それで体験入部でいろんな部活を回りました。

ゆるーい部活に入ろうと思ってはいたものの、運動部には入りたいと思っていたので文化部には興味はなかったです。

そして見つけたのが僕の入った部活。その部活の体験入部は本当にゆるかったです。ちょちょっと練習してグラウンドの真ん中で新入生と、先輩方とおしゃべりして本当にゆる~~~い感じでした。

 

なので僕はこの部活に入りました。

 

するとどうでしょう本入部が決まったとたんに、想像も絶する練習が待ち受けていました。 あとあとわかった話ですが全国大会出場を目指し私立にも負けない部活だったんです(笑)

 

もうむちゃくちゃ練習しました。

みんなと僕は最初から気持ちが違うわけです。ちゃんと部活をしに来た人と、何となく部活をしに来た人と。

 

なので早々とやめようと思ったんですが勇気がなくやめることができませんでした。辞めたときになんて言われるか分からない。友達がいなくなるんじゃないか。ほかの部活に行くのも今からじゃ…なんて考えたりしました。

 

その状況が1年生2年生と続き、当然のことながらレギュラーにはなれないことは明白でした。いかにサボるかを考えて練習してました。

 

そこで僕は部活をやめました。

ガチ部活に入る前は調べてから行け!!

いや、もう死ぬほど当たり前です(笑)

その部活がゆるいのかガチなのか体験入部で先輩に聞くなり、同じ新入生になんでこの部活に入ったか聞くべき!!

知らなかったことを後悔するぞっ!!

中途半端な気持ちでガチ部活なんかに入ったらコテンパにやられますよ(´;ω;`)

第一は気持ち!

君はどんな高校生活を送りたい?

「恋をしてるからそのコは輝くんだもん。だから人は・・・理不尽に恋に落ちるんだ。」(「四月は君の嘘」という漫画の言葉)

恋あふれた高校生活?

「弾ける機会と聴いてくれる人がいるなら、私は全力で弾く。聴いてくれた人が私を・・・忘れないように、その人の心にずっと住めるように。」(これも四月は君の嘘)

部活にすべてを捧ぐ高校生活?

 

ガチ部活に入るなら最初の気持ちで決まります。

 

みんなとの意識の差からどんどん実力の差が広がり、「自分は向いていない。」「下手くそだ。」そんな気持ちになっていきます。

 

それなら最初からガチ部活に入るのはやめましょう。

 

うまくサボれ!!

f:id:machatoo:20160222103715j:plain

入ってしまったら仕方ないです。

うまくさぼる以外道はありません。まぁ気持ちが強ければ速攻やめるのが一番いいですけど…

球技ならボールを取りに行くふりをして陰でサボりましょう。

先生がいなくなったらサボろう。

サボり方は多種多様です。

けどこれだけは頭に入れていてください。

ほとんどの顧問、コーチはあなたがサボっていることは知っています。やる気がないことなんて見れば一瞬でわかります。

 

言わないだけです。

 

サボればうまくなるなんて絶対ないのでそこはお考え下さい。

 

下手なら先輩に付きまとえ!

下手で先輩に怒られることありますよね。それはうれしいことです。

相手にしてくれてるんですから。何も言われないよりかましです。

怒られるなら改善策を考えましょう。分からないなら先輩に聞きましょう。

教えてくれなかったら「は?」って言ってやりましょう。(嘘です。)

教えてくれなかttら仲間と一緒に考えましょう。顧問に聞きましょう。

 

うまい人をまねるんです。でも大体できません。基礎がなってないから。

筋肉付けたり。体幹やったり。そこら辺の基礎作りができてないとうまい人のプレーは真似できません。

君は下手だ

受け入れましょう。

自分は運動音痴なんです。

下手なりに行動しましょう。行動しましょうとは控えめになることではありません。下手ですけど何か??ぐらいの気持ちで練習しましょう。

 

誰しも最初はうまくいかなかったなんて言葉聞き飽きました。そんなのたぶん今どきの高校生なんて誰でも知っています。

見ることは下手でもできる

f:id:machatoo:20160222103708j:plain

もっとよく人を観察しましょう。ボールをよく見てみよう。(部活は球技だったのでその話中心になってしまって申し訳ありません)

指使い、足使い、目の動き、体の動き。

見ることは誰にでもできます。

全体を見ることも大事です。戦術なんかを考えるとき自分の役割だけを考えていませんか?ほかのポジションだったら僕はこうするだろうなとか考えてみよう。

そして考えるだけじゃダメです。

それを発言しましょう。発言することで自分が考えきれなかった部分を友達に指摘してもらいましょう。

そうやって変わっていきます。

まとめ

若干昔の僕へのメッセージとして書いた部分が多いです。

なんでかというと、部活をやめて後悔しているんですよね。

部活をもっと必死になってやっておけばよかったって最近思いました。

後悔することなんてわかっていたけどあの時は逃げましたね。

 

それではっ!がんばれ!