HATO BLOG

ゲームと音楽とブログについて書いているブログです。

最近はnoteの多さに腹が立つ!!

スポンサーリンク

?

f:id:machatoo:20160222103717j:plain

いつからでしょう?あんなにnoteに参入する人たちが多くなったのは。

本当にここ最近になってnoteに記事を書いて価格を設定し有料で配布している方が多い。

ここに腹が立つ!

題名で「おっ面白そう」と思いクリックして、noteだけどもしかしたら無料で全部読めるかもしれないという期待をして読み続けていき、乗ってきたと思ったら突然「続きを見る」というボタンがあってガッカリする。

noteで有料だった時の「なんなん?」感は本当に腹が立つ。

 

ちまたでは「有料のほうが面白い」とあるが、まぁその時もある。しかし、ほとんどのものが有料だったら別に…のような記事ばかりだ。(そこまで多くの記事は買っていないが)

コーヒーを買うような値段で「ふーん」ぐらいの記事にお金をかけるのであれば僕はコーヒーを買う。

 

「ふーん」ぐらいの記事ってブログに書けばいいやん。なんでこれが有料なん?って思ってしまうから。

文章を買う

僕は本を買うときは少しパラパラと中身を見てから本を買う。

それは自分がこの本なら買っていいやと納得するというプロセスをやらないとどうしても買えないのだ。

まぁ簡単に言ってみればケチ野郎だ(笑)

それに比べnoteはここから先を読んで納得できる!ということができない。

「続きを見る」からは何にもわからないから。

 

唯一僕がこれは買ってよかったなというnoteは八木さんのこのnote

note.mu

これはnoteの良さ?というものだろうか、本当に具体的なことが書かれているので「有料で販売しても納得のいくもの」だった。

noteの面白い使い方

ここですごく面白いnoteの使い方をしている人を紹介したい。

フリーライターである鷹野凌さんは「投げ銭」感覚でnoteに文章を投稿している。

noteを「投げ銭」型で使ってみる もちろん一般のブログと同じように、読み捨て感覚で訪問する人のほうが圧倒的に多いとは思うが、「面白いコンテンツがあったらお金を払ってもいい」と考えている人の訪問率はそれなりに高くなるのではないだろうか? どういう使い方をするのも自由だと思うので、記事を100%公開した上で「読んでみて『よかった』『ためになった』と思ったら投げ銭して下さい」という形で運用してみようと思う。ものは試しだ。 (引用:noteを「投げ銭」型で使ってみる|鷹野凌|note)

みんなこれにすればいいんじゃないかな?って思えるぐらい良い方法だと思う。

しかし文章の投げ銭はあまり成功しないと思う。

「投げ銭」というのは多分みんなが想像するのは無名のアーティストが路上で演奏したり、芸人さんがパフォーマンスをやっているのを見て心が動かされれば「投げ銭」するというものだろう。

それは見て、聞いて、その人の背景というものを感じることができるからじゃないだろうか?

目を見て、しぐさ、見た目、パフォーマンス。

すべてを見てやっとお金がもらえるんではないかと思う。

一部では感動するような文を書ける人はいるだろうが、大部分を見ると文章では伝わるものは少ないと思う。

 

これに至っては、以前参加した「ブロガー新年会」でも同じような感覚を覚えました。

会ってお話しするとやっぱりその人に対して思うことは文よりも遥かに多く感じる

文がいいからではない

しかしnoteを販売していてその記事がよく買われている人というのはいる。

それは「信用」があるからだろう。

この人なら買っていいやというその「信用」があるからこそ買えるのだろう。

 

だからこそその「信用」に見合ったものじゃなかったときに僕はガッカリしたのだと思う。

なんか面白いnoteの使い方ないかな?

ただnoteも批判するだけじゃなんなんで考えてみました。

先ほども言った通り、お金を払ってもらうという点では「投げ銭」は捨てられないだろう。

絵も描くことも、漫画を描くこともできなければ、音楽とかもできやしないので「思ったことを伝える」ことができればいい。

 

そこでやっぱり動画、音声で伝えるというのがいいのではないでしょうか?

動画や音声のほうが文よりその人について感じるものは大きいと思うので、記事を自分の言葉、身振り手振りで伝えたらいいんじゃないかと。

 

そしたらYotubeとかニコ生、ツイキャスでええやろ!!!!と言われそうだが…

運が良ければお金を払ってもらえるというシステムがついてるっていう点を考慮すればいいと思う…(笑

あとがき

ケチでお金のない大学生の戯言ではあるが最後まで見てくださってありがとうございます

noteを販売している人の意見というものも聞いてみたいなぁと思いました。

それではっ!!