HATO BLOG

ゲームと音楽とブログについて書いているブログです。

春休み暇な大学生が有意義な時間を送る5つの方法

スポンサーリンク

?

f:id:machatoo:20160222104221j:plain 大学生の長期休暇って聞くと「バイト」「遊び」「インターンシップ」「ボランティア」などなどたくさん聞きますよね

しかしほとんどの学生が行動できてないんですよね。家でだらだらと1日を過ごす人が多いと思います。

暇大学生の特徴

1.お金がない

大学生本当にお金がないですよね。バイト漬けの毎日を過ごす学生もいますが、ぼくはバイトをほとんどしないのでもっとお金がないです。

お金がないと外に出る気力もなくなるというか、お金ないとなんもできないじゃんと考えてしまう人がおおい。

2.ノーサークラー

サークル活動に入っていない人をぼくはノーサークラーと呼びます。

サークルに入っていれば週1度ぐらいはサークル活動をしに外へ出ますが、ノーサークラーは週1度も家を出ないなんて当たり前です。

入学時はサークルに入ろうと思ってはいたもののなかなかいいサークルが見つからずそのまま月日が経ってしまった、なんて感じです。

1年生のうちにサークルン入ってないとあとから入るのも気まずいなぁと思う人はいますよね。

3.デメリットを考える

やってもいないのに先に考えすぎて行動しない。その時考えてるのはほとんどがデメリットについて。

「どこかに行ってもお金を使うだけだ」「外に行ってもただ疲れるだけだし」という感じで簡単に言ってしまえばめんどくさがりなんです。

 

とこんな感じで特徴を上げましたが、こんな感じでいるとどんどん家からでなくなりほとんど引きこもりな感じになります。

気力も無くなってなにするにもめんどくさいってもっちゃうんですよね。

暇人生活を脱却しよう!

いくつかの方法で暇人生活を脱却しましょう。春休みは有意義に使わないともったいないです。

本を買ってベランダで読む

どうせ暇なら本でも読みましょう。けどただ読むだけじゃ物足りないのでベランダで読みましょう。

それに静かな場所で本を読むよりは、外に出てちょっと風の音とか、車の音とかが聞こえていたほうが読書するにはいい環境なんですよ。

普通のバイトじゃなくて派遣バイトに登録してみる

登録制の派遣バイトをやってみましょう。なんで普通のバイトよりいいかというといろんなところに行けるからですね。

ぼくがやった派遣バイトでよかったのは「イベントスタッフ」ですね。イベントスタッフはめんどくさいイメージがありますがチケットちぎるだけとか結構簡単です。

登録するのは簡単なんであとは行くしかないので自分をそういう状態にするのも一つの手です。

音楽を作ってみる

そんな才能ないから無理だよと思うかもしれませんが最近のテクノロジーは発展していて、なんの音楽の知識を持っていなくても音楽って簡単に作れちゃうんですよ。

例えばこのiPhoneアプリだったらなぞるだけで自分だけの音楽ができちゃいます。

PlayGround • Music At Your Fingertips
無料
(2016.02.19時点)
posted with ポチレバ

それとガレージバンドというアプリも簡単に本格的な音楽が作成することができます。

GarageBand
600円
(2016.02.19時点)
posted with ポチレバ

音楽を作ってSNSにアップロードするとかしてみればなんか面白いことが起きるかもしれません。

写真を撮りに外に出てみる

写真っていいですよ。自分がいいなぁと思う写真が取れたらブログなりnoteなりTwitter、インスタグラムとかに投稿しましょう。

発信することが一番大事です。

カメラを持っていなくてもスマホのカメラで十分味のある写真を撮ることができます。撮りに出かけるといろんな出会いがありますよ。

ぼくは最近iPhoneではこんな写真を撮っています。

f:id:machatoo:20160222104441j:plain

少し編集してますが…(笑)

ブログを始めてみる

最後に言いたかったのはこれ。

ブログを始めてみると本当に見えてるものが変わっていきます。暇だった生活も今はブログのおかげで暇は感じなくなりましたし、ブログを中心に生活しています。

ブロガーの方とお会いした時よく言われるのが「大学1年生でブログ始めてうらやましい!」と言われます。

大抵の方が大学生が終わるころにブログを始めてらっしゃるのでこれは僕の強みかなと最近思います。

ブログは早く始めてなんぼです。時間がある大学生のうちにブログを始めてみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?ゴロゴロしている自分に嫌気がさしても行動できない人!僕も一緒でした。でも時間は過ぎていくのは現実です。ぼくは世界の科学者に何度も精神と時の部屋を作ってくれと願ったことか。

脳に刺激を与えるほど時間が長く感じると聞きます。そして脳に刺激を与える簡単な方法は新しいことをすることだそうです。

暇な時間を使って何か新しいことを始めてみてください。