HATO BLOG

ゲームと音楽とブログについて書いているブログです。

ブログがお金で続かない心理学

スポンサーリンク

?

f:id:machatoo:20170528164352p:plain

最近学校では心理学の勉強をしています。

その中で、僕たちが何か行動するための『動機づけ』について学んだことから面白いなと思ったものを紹介します。

2つの動機づけ

「動機づけ」=「行動する理由」には2つ分類されます。

  • 外発的動機づけ
  • 内発的動機づけ

というものがあり、外発的動機づけというのは

「ある行動が報酬や目標など、何か別のものを得るための手段となっているような動機」

であり、内発的動機づけというのは

「ある行動自体が目的になっている動機」

という意味です。

外発的動機づけは内発的動機づけを低下させる

ある学者がこんな実験をしました。

絵を書くことが好きな子供を何人か集める。この子たちは自由時間には絵を書くので「絵を描くこと自体が好き」な内発的動機づけがされている子供たちです。

そんな子供たちに絵を書いてと頼みます。その時、3つのグループに分けます。

f:id:machatoo:20170528162358p:plain

1つ目のグループ(A)は、絵を書く前に「絵を書いたらご褒美をあげるよ!」といって絵を書かせます。

2つ目のグループ(B)は、絵を書いた後に「わぁ!すごい絵だね!じゃあご褒美上げちゃう!」といってご褒美をあげます。

3つ目のグループ(C)は、絵を書いてもご褒美はあげません。ただこの子たちが絵を書くのを見ています。

 

そして1週間これを繰り返し、3つのグループは実験前と同じように自由時間を与えるとこんな結果が出ました。

 

2つ目と3つ目のグループは実験前と同じ時間だけ絵を書いていましたが、1つ目のグループは絵を書いている時間は著しく減少していました。

 

この結果から「事前に報酬を目的とするとやる気はなくなっていってしまう」とわかります。

面白いのは2つ目のグループ

2つ目のグループは「報酬」をもらっているにもかかわらず「報酬ナシ」のグループと同じ時間絵を書いていたことです。

事前に知らされることで「行動する理由」が「ご褒美がもらえるから」に代わってしまい、事前に知らされていない子供たちの「行動する理由」は「絵を書くのが楽しいから」のままだったとなります。

お金じゃなくブログを書くことが楽しい

お金 =「報酬」のためにブログを書くのは続かないというのはこれで説明ができるような気がします。

ですが、2つ目のグループのように「お金」という報酬が必ずしもやる気を低下させるのではないといえます。

ブログを書くことが楽しいうえで「報酬」が「あ、もらえた」ぐらいの気持ちでないとモチベーションは続かないと思います。

この心理学で学んだことは「現代の心理学」という本から学びました。心理学についてこれまで行われてきた実験がコラムに書いてあって結構勉強になります。

良かったら見てみてください。

それではっ!