読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

ゲームアプリを作るならこの記事は絶対読んどいたほうがいい!!いや!ブログを書いている方も読んでほしい!

ゲーム iPhone iPhone-アプリ紹介
スポンサーリンク

?

いまApple storeで人気が出始めている「Time Locker」というゲームアプリ。

 

このアプリの開発者の方のインタビュー記事がゲームキャストにて掲載されていてどのように「Time Locker」を作ったのか、そしてその開発者の身の回りについても事細かく書かれていたのでご紹介します。

 TIME LOCKERとは

TIME LOCKER - Shooter
TIME LOCKER - Shooter
開発元:sotaro otsuka
無料
posted with アプリーチ

少しだけこのアプリについてご紹介します。

シューティングゲームの部類に入っていてこのアプリの面白いところは動かしていないと時間が止まるシューティングゲームです。

 

シューティングゲームというと反射神経が問われるものが多いのですが、このゲームは指を放して時間を止め敵を見定めながら進んでいくので初見殺しのゲームでもなく、考えて進むところにハマってしまいます。

f:id:machatoo:20160811111914p:plain

広告もコンティニューする時とキャラクターを購入するためのコインを獲得するときに見るので強制的な広告はない。

ストレスフリーにゲームをプレイできるところもいい。

 

個人製作の開発者

なんとこれを作ったのはたったの一人という。

インタビューで開発者otsukaさんの経歴を訪ねているところがある。

元々はFlashの2Dを扱ってウェブサイトを作っていて。
その後、ソーシャルゲームの開発に携わり、2015年の11月に独立しました。今年30になります。

『Time Locker』製作者インタビュー。「人間は、好きなものしか作れない」から独立した男

2015年の11月に独立したということなのでまだ個人でやっていて間もないのだが世界中でダウンロードされているアプリを1人で作ったのはとてもすごい。

 

なんとこのゲームで使われている気持ちの良い効果音も自分の口を使っているというのも僕にとってはそんな発想なかったので驚きだ。

 

パクリ疑惑

PCゲームに「SUPERHOT」という少し似たようなゲームがあるということにもこのインタビューで触れている。

 

SUPERHOTも設定は同じように自身が止まっているときは時間も止まるという設定でアプリのTime Lockerと違うのはFPSゲームというところだ。

 

ゲームを作成する際はパクリというものにも気を付けなければならないが、開発者otsukaさんはこういっている。

 

ゲームに限らず、プラットフォームが同じだったら良くないと思います。Time Lockerは見下ろし型のシューティングにしていますけど、これをSteamで出したら良くなかったと思う。
強く影響を受けた相手と同じプラットフォームにだすと、相手に迷惑がかかる(利益を奪ってしまう)から。ギリアウトになってしまうかな、と。
あとは、ゲームの楽しさというか、面白く思う部分が同じかどうか。
SUPERHOTと、Time Lockerは違う物になっていると思います。

『Time Locker』製作者インタビュー。「人間は、好きなものしか作れない」から独立した男 

同じような設定であっても「ゲームの面白いと思う部分が同じかどうか」という視点も考えることができなかったのですごいなぁと思います。

 

世界中でダウンロードされていても厳しい現実

8ヶ月かけて作ったアプリの収益は8か月分の生活の元が取れるくらいだとおっしゃっています。

しかしこれでも利益はプラスではありません。むしろマイナスと考えていいほど。広告も普通のゲームアプリに比べては少ない。課金もなし。だからこそプレイされているのかもしれないですが次回作を作ってもらいたい!

 

儲かるアプリを聞いてもなお変えぬ信念

最後のほうに開発者otsukaさんはインタビューしている方から「放置ゲーム」の収益構造が良いことを聞くのですが「人間、好きなものしか作れない」という考えを変えません。

 

放置系ゲームが儲かると聞いても、やりたいとは思わないですね。
人間って、好きなものしか作れないと思うのですよ。好きでないものを市場に合わせて作っても、頓珍漢なものしか作れない。
自分が好きなものを作ったときに、良いものが作れると思うんです。自分が1番のプレイヤーですから。自分を裏切れません。
そして、自分が面白いと思った者を面白いと思ってくれる人数は、おそらくそんなに少なくないだろうと思って(独立してゲーム制作を)始めた。
そう思えていなかったら、会社は辞めなかったと思います。

『Time Locker』製作者インタビュー。「人間は、好きなものしか作れない」から独立した男

好きなものがいいものになるというのはブログでも同じようなことが言えますね。

 

この記事を読むと開発者otsukaさんを応援したくなるし、自分にとっても有益な記事だと思います。

 

ぜひダウンロードして遊んでみてください。

 

TIME LOCKER - Shooter
TIME LOCKER - Shooter
開発元:sotaro otsuka
無料
posted with アプリーチ